【とうらぶp】修行して気持ちを整理して帰ってきてようやく審神者の刀になるどころか、審神者を防感のように見る刀や虐待親の様に見る刀まで極ではいるよ